SHIBUYA109NEWS

検索
CULTURE

全員美声!5人組ボーカルグループ“COLOR CREATION”の甘いハーモニー♡【10Questions】

2018.10.19
109ニュース シブヤ編集部さん

「自分達の歌声で、聴く人達の人生に彩りを!」をテーマに掲げ、爽やかながらも力強い歌声で魅了する次世代ボーイズ・ボーカルグループ『COLOR CREATION』。

5月に発売されたメジャーデビューシングルがオリコンチャートTOP10に入るなど勢いの止まらない彼らに、気になる10の質問をぶつけて来ました!

「取材でメンバーと撮ったチェキをいつも持ち歩いてる!」

(左からYUUTO、RIOSKE、JUNPEI、KAZ、TAKUYA)

Q1. グループ内での「自分の担当」は?

JUNPEI:最年長でリーダーなので、一応まとめ役ですかね。
あとはツッコミ担当です! 唯一の関西人なので(笑)。メンバーからは天然と言われていますが……。

YUUTO:お母さん的ポジションだと思います。
メンバーから相談されることも多く、包容力があると言われます。

KAZ:グループの宣伝担当です!
インディーズの時から、自分たちを知ってもらうために、個人的に毎日インスタライブをしていたり、友達に広めてもらったりしていたので!

TAKUYA:ライブ中の盛り上げ担当かな。お客さんに手拍子してもらったり手を振ってもらったりするのを先導しています。

RIOSKE:僕はポジティブ担当。世界一ポジティブって言っていいほどで、疲れているメンバーがいたら笑顔になって欲しくて、バカやって笑わせています。

Q2. 心に残る、メンバーからの嬉しいひと言は?

TAKUYA:ライブ前に緊張したとき、KAZくんから言われた、
「俺らのライブだから、緊張する必要なんか何もない! 自信持って楽しもう!」という言葉。緊張がほぐれました。

RIOSKE:KAZからの「RIOSKEなしじゃカラクリは成立しないよ」という言葉です。僕もちゃんと力になれているんだということを知って、メンバーのためにもっと頑張りたいと思いました。


Q3.最近撮った、思い出の写真を見せてください!

JUNPEI:ソナーポケットさんの10周年記念イベントの写真です。ファンの皆さんとの絆を感じてすごく感動しました。
彼らのように、会場が一体になるようなライブをしたいと思いました。

YUUTO:取材を受けたときに撮ってもらったチェキの写メです。掲載用や読者プレゼント用のチェキってすごくたくさん撮るので、いらないときは必ずもらいます。財布に入れていつも持ち歩いています!

KAZ:大好きなw-indsさんとの写真です。昔から憧れの存在なので、小さい頃の自分に自慢したい一枚です!

TAKUYA:学生時代にしょっちゅう食べていたラーメンの写真です。4年ぶりにお店に行ったので撮りました。

学生だった当時、友達と、歌手になる夢を語っていた記憶が蘇り、改めて気合いを入れ直しました!

RIOSKE:移動中の車内で撮った写真です。狭い車内で長時間移動するので、新幹線移動できるようになったときに下積み時代の思い出になるように撮りました。

「移動中はメンバーとオリジナルゲームで盛り上がってます!」

Q4. 最近のマイブームは?

KAZ:スマホゲームの荒野行動です。普段はあまりゲームをしないのですが、オンライン上で友達と協力プレイできるのが楽しくてハマってしまいました。

TAKUYA: 移動中、メンバーと韻を踏んでます!
例えば、お題が「新木場」だったら次の人が「きんぴら」と韻を踏んで違う言葉を言うんです。JUNPEIくんが一番強いですね!

YUUTO:蒙古タンメン中本の激辛ラーメン! 辛いものが苦手だったのに、中本きっかけで大の激辛好きになりました。一番辛い10辛を、さらに5倍くらい辛くした裏メニューを食べています。

Q5. 毎日でも食べられるお気に入りの食べ物は?

RIOSKE:ウニのお寿司です! 寿司屋さんに行くと必ずウニだけで10皿は食べています。

YUUTO:やっぱり肉! 焼き肉でも三食食べられます。焼き加減が大事なので、メンバーと行ったときは絶対に
僕が焼いています。

JUNPEI:単体で食べるものではないんですが、タバスコです。
タバスコが食べたいからグラタンやピザを選ぶ……と、タバスコありきのメニュー選びをするようになってしまいました。

Q6. 好きな女の子のタイプは?

YUUTO:清潔感がある子かな。髪の毛とか爪とか細かいところに気を使っていると女の子らしさを感じます。

KAZ:音楽が好きな人、感受性豊かな人に惹かれます。
映画や音楽で、同じタイミングで泣いたりするとキュンとしますね。
服は女の子らしい、白やピンクの可愛い系が好きです!

Q7青春時代の心残りは?

TAKUYA:第2ボタンを誰かに渡してみたかったなぁ。卒業式が終わって誰ももらいに来てくれなかったので(笑)。

JUNPEI:僕の学校は、スポーツが盛んな男子校だったので、学校内恋愛にすごく憧れていました。
彼女と一緒に登下校とかしてみたかったです……。

YUUTO:スマホに入ってる写真を現像してなかったことですね。機種変して見られなくなってしまった昔の写真がたくさんあるので。最近はこまめに現像するようにしています!

Q8.渋谷での思い出は?

RIOSKE:初めて友達と遊びに行った渋谷でものすごく迷って、千葉に住んでいる兄をわざわざ呼び出して助けてもらったことですね。
めちゃくちゃ怒られました……(笑)。

JUNPEI:スクランブル交差点で、みんないろんな方向に渡っているのにぶつからずに渡るのを見て、めっちゃ驚いたのを覚えています!

KAZ:上京したとき、メンズの服を探しに、レディースの服しか売っていないSHIBUYA109に行ってしまったことですね(笑)。
その後、メンズ服が売っている109-②(現MAGNET by SHIBUYA109)を教えてもらい、洋服を全身買い揃え、しばらくその服ばかり着てました。

「新曲の2曲で連動しているMVにも注目!」

Q9. 今回の新曲のポイントを教えてください!

YUUTO:なかなか会えない人への思いを綴った「I'm Here」から、「Blue Star」で久々に再会するというストーリーになっているところですかね。

TAKUYA:「I'm Here」は、孤独を感じたときに"ひとりじゃないんだ"と思わせてくれます。家族、友達、恋人と離れて暮らしている人には特に聴いてほしい1曲です。

KAZ:花の名前でもある、「Blue Star」は、"幸福な愛" という花言葉があります。それぞれの「Blue Star」を思い浮かべながら聴いてみてください。

RIOSKE: MVも2曲に同じ青い花が出てきたりと、似たような演出にも注目してください

Q10.最後に、これからの目標は?

TAKUYA:初めてきてくれた方にも、楽しさや僕たちの熱量が一発で伝わるライブが目標です。

RIOSKE:僕たちが先頭に立って、もっとボーカルグループをやりたいという人が増えたらいいなと思っています。
そんな人たちの憧れの存在になれるように頑張ります!

JUNPEI:もっともっといろんなところでワンマンライブをすることです。

YUUTO:47都道府県全部でライブをしたいです!

KAZ:もっとみなさんの人生に欠かせない、心に突き刺さる音楽を作っていきたいです。


【PROFILE】
2018年5月シングル「CANVAS」でメジャーデビュー。
グループ名には「自分達の歌声で、聴く人達の人生を彩りを!」という思いが込められており、パワフルで説得力のあるボーカルに、国内外問わず高い評価を得ている。曲、歌声、キャラクターの3拍子が揃ったモンスター・グループ。

上から通常盤A(CD)¥1,111、通常盤B(CD)¥1,111、初回限定盤(CD+DVD)¥1,852/ワーナーミュージック・ジャパン

COLORE CREATION 公式HP
COLOR CREATION 公式Twitter
COLOR CREATION 公式Instagram

撮影/撫井健一 ヘア/鈴木毅樹 メイク/akie kure

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading