SHIBUYA109NEWS

検索
CULTURE

【GO! GIRLS GO! 】EVRIS 109ショップスタッフ 坂野春夏「ワクワクするのは誰かが喜ぶ瞬間」

2019.01.21
109ニュース シブヤ編集部さん

around20の等身大でリアルなメッセージを伝えていく、SHIBUYA109のシーズンビジュアル連動企画「GO! GIRLS GO!」。 今回は、EVRIS 109ショップスタッフ坂野さんにインタビュー。

自分にできることがあれば何でもやってみたい!とお客さまを大切にする強い想いや、“今” を楽しむ坂野さんの将来に対する考え方に注目です!!

EVRISの洋服に魅せられアパレルの世界へ。今は店長としてショップを引っ張る存在

――EVRISで働き始めたきっかけは?
―元々ファッションの専門学校に通っていて、卒業後どこで働くかを考えていた時ハイセンスなお洋服に囲まれたい!と思いEVRISを選びました。

――店長という立場での悩みはありますか?
本当は甘えたいんですけど、甘えられないです。見た目では女の子っぽいって周りに言われるんですけど、結構頼られるタイプ。

店長っていう立場になると、結局甘えられない…甘える相手がいないのが悩みですね(笑)。

お客様の誕生月を覚えてお手紙を渡すほどサプライズが好き

――これだけは誰にも負けない!!ってことは?
サプライズするのがうまいです!人が喜びそうなことを考えるのが好きだし、考えてる時間も苦じゃなくむしろ楽しいです。

逆に、自分がサプライズされることもあるんですけど、リアクションするのが苦手で自分の感情をうまく出せないんですよ(笑)。

――サプライズ好きが仕事に繋がっていることってありますか?
はい、あると思います!仲良くさせて頂いてるお客さまと共通の趣味があったりすると、お客さまたちのお誕生日を覚えていて。

誕生日月に来店してくださった時に、袋の中にこっそりバースデーカードを入れてみたりします!

「今が一番楽しい!」と答える坂野さん。アパレルはいつまで続ける?

――最後に坂野さんにとって素敵な女性とは?
これは難しい質問です…。人懐っこい性格の人には憧れますね、自分の感情を出すのが苦手なので(笑)。

――将来の夢はありますか?
やりたい事がないというか、ああなりたい、こうなりたい!がまだないんですよね。探してる途中です。どうしたらいいですか?(笑)

アパレルをやめたとしても次、何をしたらいいのかわからなくて。今が一番楽しいです。アパレル辞めることを後悔しなくなるまでは、このまま辞めないで頑張りたいです。

【PROFILE】
坂野春夏/EVRIS ショップスタッフ
生年月日:1994年6月13日 24歳
出身地:東京都出身 血液型:A型
長所:スーパーポジティブ。嫌なことがあってもすぐに前向きな気持ちに切り替わる!
短所:耳が悪すぎるところ。友達と会話していても聞き間違いが多くて話が全然進まない。

今回登場してくれた坂野春夏さんのポスターが、1月21日(月)~2月28日(木)SHIBUYA109の館内に掲出されているよ!
また、2月中は「GO! GIRLS GO!」のオリジナル動画が、渋谷のMAGNET by SHIBUYA109のビジョンで放映されるよ!ぜひCHECKしてみてね☆

提供元:109ニュース シブヤ編集部

  • CULTURE RANKING
  • CULTURE 最新記事
Loading