SHIBUYA109NEWS

検索
CULTURE

泣ける青春ドラマと話題!「僕だけが17歳の世界で」W主演の佐野勇斗&飯豊まりえが撮影中にキュンとしたシーンは?♡

2020.03.05
109ニュース シブヤ編集部さん

Abema TVで放送中のドラマ「僕だけが17歳の世界で」。W主演を務めるのは、俳優でボーカルダンスユニットM!LKの佐野勇斗くんと女優の飯豊まりえさん!

今回は二人に役作りについてやドラマの見どころ、17歳に戻れたらしてみたいデートまで聞いてきました♡

航太も芽衣も自分にそっくり!?役作りで苦労したところは?

ーードラマのW主演が決まったときの気持ちは?

佐野:僕は飽き性で台本が一気に読めないタイプなんです。でもこの作品は、ファンタジー要素もあるのでハマってしまって、一気に読めました。でも航太を演じるとなると難しいなと不安と期待が入り混じった気持ちでした。

飯豊:憧れるような幼馴染の恋愛と、限られた時間のファンタジー要素がある素敵な作品。この作品をたくさんの人に見てもらわなきゃっていう強い思いがあるので、どのシーンも妥協せずに撮らせてもらっています。確実に良い作品に仕上がっているんじゃないかなと思います!

ーー現場はどんな雰囲気?

佐野&飯豊:めちゃくちゃいい!

飯豊:これは声を大にして言いたい!ノーストレス!

佐野:スタッフの方も本当に良い方ばかりで。ただ褒めてくれるだけじゃなくて、「ここはこうしたほうがいいよ」とアドバイスもしてくださるので信頼しています。

飯豊:泣くシーンは、みんなが泣くスイッチを押してくれるよね。主題歌を聴かせてくれたり、嘘のデタラメ話をしてきたり(笑)

佐野:スタッフの方から聞いた話に感動してそのシーンはめっちゃ泣けたのに、後から「あれ嘘だから」って言われて。あれは本当にびっくりした!

飯豊:私も撮影が始まって3日目で泣くシーンがあったんですけど、緊張して涙がうまく出なかったんです。OKは出たんですけど、モヤモヤしていて。でも後日監督から「もう1回撮り直そう」って言ってもらえたんです。しかも「パフォーマンスを最大限に導くことができなかった私の責任です」って言ってくださって。期待に応えたいという気持ちで、精一杯演じきることができました。

ーー航太と芽衣の地元である長野ロケでのエピソードは?

佐野:長野はほとんど初めて行ったんですけど、景色が本当にきれいで。「こんな綺麗なところがあったんだ!」と驚きました。

飯豊:高い建物がないから湖もとっても美しかったです。朝も空気がきれいで、夕方になると雲の色も変わってすごかったよね!まるで私たちを応援してくれるかのようでした。

佐野:景色も楽しんで見てほしいですね。

飯豊:映画みたいなクオリティだよね!

ーー役柄と自分は似ている?

佐野:自分で言うのも恥ずかしいですけど…めっちゃ似てます!

飯豊:似ているからストレスなく見れるよね。17歳戻れるよ!

佐野:戻れてます!?本当に!?よかった。

飯豊:17歳の頃知らないけど(笑)私も芽衣と近いと思います。この作品を見ながら自分のことも振り返ることができて、いい時間になりました。


ーー役作りで難しかったところは?

佐野:台本を読んでいるときは「自分に似ているから大丈夫そうだな」って思ってました。実際の撮影では、たしかにみんなも高校生のときはやりやすかったけど、7年後の僕だけが17歳のシーンだと自分だけ17歳感を出すことが難しいです。「17歳感消えてるぞ!」って声をかけてもらうこともありました。

飯豊:芽衣は等身大の役柄なので演じやすかったですけど、恋愛ものを演じることがとっても難しくて!しかも常にカメラに寄られているので、ちゃんと気持ちが込もっているのに、どこか恥ずかしくなっちゃって出し切れないこともありましたね。

ーー幼馴染感を出すために意識したことは?

飯豊:撮影に入る前に、佐野くんが所属しているM!LKの動画や過去の出演作を見させてもらいました。好きな女の子のタイプを聞かれているインタビュー記事まで読んだり。幼馴染の役だから、顔を見慣れとこうと思って(笑)

佐野:現場で話すときにも「知ってる知ってる!」って言ってくれるから「なんで知ってるの!?」ってなってたよね。

飯豊:そんなに見られたら構えちゃうかなと思って言うか迷ったけど、言っちゃった。

佐野:でもそれがあったから仲良くなれたよね。

ーードラマの見どころを教えて!

佐野:このドラマは恋愛要素だけではなく、人間ドラマになっています。僕ら自身も演じてる中で気づかされることが多いので、見てくれた方の人生も豊かになればいいなと思います。薄い言葉ですけど、めちゃめちゃいいお話。

飯豊:これから17歳になる人も、17歳を過ぎた人にも響くすごい繊細なドラマ。ファンタジーを介して、恋愛や人の大切さがわかる作品になっています。スマホ1つで見れるので、気軽に見てもらえたらと思います。

17歳に戻れるとしたらどんな恋愛がしたい?撮影でキュンとした仕草は?♡

ーー17歳のときの印象的なエピソードを教えて!

佐野:やんちゃしてました!学校のテストでも赤点ばっかり取るみたいな(笑)あと、文化祭の出し物で泥団子を売ったんですよね(笑)

飯豊:サラサラの砂かけて磨くやつでしょ(笑)!!

佐野:そう!!0円で作れるから売れたらめっちゃ儲かると思ったんですけど、1個も売れなかったっていう(笑)

17歳に戻れるとしたらどんな恋愛がしたい?

佐野:僕、デートしたことないんですよ。

飯豊:かわいそう…(笑)

佐野:だから普通のデートしてみたいです。

飯豊:どこに行きたいの?

佐野:ハワイ。

飯豊:17歳がデートで行くようなところじゃないよ!それは21歳の佐野勇斗くんが行きたいところでしょ!学生だよ!?

佐野:日本なら映画館行って、その後に横にあるゲームセンター行くみたいな?

飯豊:超ベタじゃん!

佐野:恥ずかしい(笑)

飯豊:私は居残り勉強とかしてみたかった!休み時間のすれ違った時に、みんなにバレないように時間と場所を伝えて会うみたいな。あとは教科書貸したり!

佐野:めっちゃいい!

ーー理想の告白のシチュエーションは?

佐野:運動会のリレーで最下位でバトンをもらうんです。それで全員追い抜かして1位でゴールした勢いで告白する。

飯豊:完全に男子の発想だよね(笑)私は「あの人がまりえのこと好きらしいよ」って人伝いで聞きたいです。いきなり言われるよりも気持ちが高まるし、考えることもできるじゃなですか。あとは文化祭の打ち上げの帰り道で言われたい!みんなが前を歩いている中、後ろでこっそりみたいな。恋愛ドラマの見過ぎ!?

ーー撮影中にキュンときた仕草は?

佐野:1話で流星群を見に行くことになったときに、芽衣が喜ぶシーンがめっちゃ可愛い!

飯豊:そのシーン、恥ずかしくてカットしてほしいって思ってた(笑)流星群見ているときに芽衣が話しかけるんですけど、航太が遠くを見ながら話を聞いてる感じが好きなんです。マニアックでごめんなさい(笑)


1話から泣けると話題の「僕だけが17歳の世界で」。次回は3月5日(木)、AbemaTVにて第3話が放送!これまでの放送も見れるので、まだ見てない人は要チェック!

「僕だけが17歳の世界で」視聴はこちらから

<Photo:Tatsuhiro Haraji>

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading