SHIBUYA109NEWS

検索
CULTURE

GO TO THE BEDS ユイ・ガ・ドクソン×9太郎【アイドルオタクアイドルの推し活♡夢対談vol.7】

2020.08.26
末吉9太郎さんアイドルオタクアイドル

アイドルオタクアイドルとしてブレイクし、109ニュースでも話題沸騰中のCUBERS末吉9太郎くんの連載!プライベートでも推している今気になる人に、気になることを根掘り葉掘り聞いちゃいます♪

第7回目のゲストとして来てくれたのは、今年4月に誕生した『GO TO THE BEDS(ゴートゥザベッツ)』のユイ・ガ・ドクソンさん。

連載第7弾の対談ゲストはGO TO THE BEDSのユイ・ガ・ドクソンさん!

今年3月、アイドルグループ『GANG PARADE(ギャングパレード)』の分裂が発表され、その後<遅れてきた新人>としてベテランメンバーで結成された5人組、『GO TO THE BEDS』。そのメンバーとして活躍するユイ・ガ・ドクソンさんがゲストに来てくれたよ♪

9 太 郎「ドクソンさんとは、ラジオの『ミューコミプラス』で一緒になったときに興味深い話がたくさんありすぎて、もっとお話してみたかったんです!」

ドクソン「え!ありがとうございます!ちなみに、例えば何の話に興味もってもらえたんですか!?︎」

9 太 郎「あのー…お風呂にあんまり入らないエピソードとか(笑)『今日はお風呂入ってるかな』って心配になったり、一人でドクソンさんのことを考えちゃって(笑)」

ドクソン「本当ですか(笑)私も9太郎さんお話ししてみたかったのですごいうれしいです!︎」

早速気になる話題で盛り上がりつつ、対談がスタート♡

ユイ・ガ・ドクソンのお風呂事情に進展あり!?(笑)

ドクソン「ちなみに1つご報告が!メンバーのココ・パーティン・ココと半同棲しているんですけど、これまでは人の家でお風呂とかバスタオルを借りるのが申し訳なくて…でもこの間ついに1回お風呂を借りました!」

9 太 郎「え!大きな一歩じゃないですか!本来はお風呂に入らないでそこにいる方が申し訳ないと思いますけどね?(笑)ちなみにきっかけがあったんですか?」

ドクソン「その日汗かいて、頭がかゆぎて!(笑)ココはずっと『入っていいよ』って言ってくれていたので、ついに入りましたね」

9 太 郎「よかったですね!(笑)あんまり『頭がかゆすぎて』って言わない方がいい!絶対!(笑)」

ちょっと変わったモーニングルーティーンとは?

9 太 郎「仕事に行く前おうちで何をしていますか?」

ドクソン「寝ています!(笑)理想は出かける1時間半前に起きたいんですけど、いつも結局1時間前くらいに起きて、歯磨きして、顔洗ってメイクを落として…」

9 太 郎「あー!そうだ!ドクソンさん夜にはメイク落とさない方がいいっていう持論があるんですもんね!?(笑)」

ドクソン「『肌に負担をかけることで肌の基礎力があがる』と思っています(笑)」

9 太 郎「絶対そんなことないよー!(笑)」

9 太 郎「逆に仕事から帰ったあとの過ごし方は?」

ドクソン「寝ます!(笑)すぐ体力が切れちゃうので、帰ったら一旦2時間くらい寝て、復活してからおうち時間のはじまりです!ランニングをしたり、YouTubeを見たり…」

9 太 郎「どういうのを見ますか?」

ドクソン「最近はK−POPアイドルの動画や韓国のバラエティ番組とか…あとパルクールの事故動画とか偏ったものを見ています(笑)他にも、日課のスマホゲームをしているといつの間にか朝の6時くらいになって…そこでようやく焦って、寝ます(笑)」

9 太 郎「えええええ!睡眠時間足りなくないですか?」

ドクソン「たしかにその生活を続けると睡眠が一気に足りなくなるときがくるので、そのときにいっぱい寝溜めします(笑)」

9 太 郎「僕も寝溜めするタイプなので同じですね!(笑)」

最近のマイブームはキュンなフレンチブルドッグ動画♡

9 太 郎「最近キュンとしたことは?」

ドクソン「もともとは『歯が生えている意思疎通ができない生き物』が怖くて苦手なんですけど、最近YouTubeとかTwitterでフレンチブルドッグの動画を見て、そのかわいさに目覚めたんです!!めちゃめちゃキュンです〜〜〜♡」

9 太 郎「たしかにかわいい!急にテンション上がりましたね!(笑)」

ドクソン「お散歩中のフレンチブルドッグと出会えたらすごいハッピーなんです!かわいくて声を出しちゃうんで、飼い主さんのご好意で近くで見せてもらったりして♪」

9 太 郎「そういうときも、触るのはまだ怖いんですか?」

ドクソン「それは怖いので見つめます(笑)」

9 太 郎「そうなんですね(笑)じゃあタッチは次のステップですね!」

2人の共感ポイントは仕事が一番楽しいこと♪

9 太 郎「これまでで一番楽しかった仕事はなんですか?」

ドクソン「うーん、なんだろう!基本全部楽しいんですよね!仕事が一番楽しいタイプなので」

9 太 郎「僕も同じです♪一番楽しいですよね!」

ドクソン「ここ共感できるのうれしいですねバイブス超上がりました!!どれかに絞るとしたら、8月1日にやった配信ライブがめちゃめちゃ楽しかったです!」

9 太 郎「あ!それ、僕もマネージャーさんと一緒に観ていました♡」

ドクソン「え!すごいうれしい!!ありがとうございます!」

ドクソン「あとは、仕事ではないんですけど、昨年行った所属事務所のWACKの社員旅行が超楽しかったんです!所属タレントは自由参加でしたが、うちのグループは全員参加して!」

9 太 郎「あ!SNSで見ました!チーム分けとかして楽しそうでしたね♪」

ドクソン「そうなんです!大々的に社員旅行のことを公表していたので、ファンの方も近くに来ていて、チーム対抗で『ファンの人に一番見つからなかったチームに賞金』っていうゲームをしたりとか(笑)」

9 太 郎「すごい!大きいかくれんぼだ!ファンのひとも交流できてうれしいですね♪」

ドクソン「そうですね! CUBERSさんは旅行とかないですか?」

9 太 郎「草津温泉に行きましたよ!メンバーとマネージャーさんと一緒に♪」

ドクソン「みんな仲良しなんですね…平和だ!」

一番大変だったお仕事は…ゲテモノを食べたこと!

9 太 郎「逆に大変だったお仕事はありますか?」

ドクソン「リリイベのクイズの罰ゲームでタガメを食べたことです…!すごい大きくて、口に入れてもお尻と足が口からはみ出ていて…なかなか飲み込めなくて」

9 太 郎「うわああああああ…それはきつい…!」

ドクソン「それで飲み込もうと足掻いていたら『ゲロゲップ』が出ちゃって!」

9 太 郎「ん!?(笑)『ゲロゲップ』ってなんですか!?(笑)」

ドクソン「戻しそうになる前にでるゲップをそう呼んでいて(笑)吐いてしまう予兆なのですごく危なかったんです!それが一番つらかったですね…!」

9 太 郎「それは、何事もなくて何より!(笑)」

もっと仲良くなりたいのはアイナ・ジ・エンドさん!

9 太 郎「よく遊ぶWACKのメンバーは?」

ドクソン「ココ(・パーティン・ココ)ですね!半同棲中ですし(笑)」

9 太 郎「たしかにそうですよね(笑)じゃあ逆に今後遊んでみたいWACKメンバーはいますか?」

ドクソン「何回かご飯に行ったことはあるんですけど、もっと仲良くなりたいのはアイナ・ジ・エンドさんですね!すごいやさしくて、話をしていると勉強になるんですよ!」

9 太 郎「どんな話をするんですか?」

ドクソン「振付もされているので、どういう風に振りを考えているのか聞いたりとか相談をしたりとか…本当におもしろい話がいっぱい聞けます!」

9 太 郎「そういう存在の先輩がいるのはいいですね!」

ライブ前は、『ハカ』で気合いを入れているんだとか!

9 太 郎「ライブ前、楽屋ではどう過ごしていますか?」

ドクソン「メンバーとしゃべっていますね!あのコンビニで新商品出たよっていう情報交換とかくだらないことを(笑)」

9 太 郎「そうなんですね、その情報は僕も欲しい!(笑)ちなみにライブ直前の袖では何をしますか?」

ドクソン「円陣です!実は最近掛け声が決まりまして…ラグビーのニュージーランド代表がやっていた『ハカ』と、ドラマ『プライド』でアイスホッケーチームがやっていた円陣をアレンジしたものを社長が考えてくれて!グループ名の『GO TO THE BEDS』がお墓に由来しているので、『ハカ』とかけているんです(笑)」

9 太 郎「みんなでハカをやるの見てみたい!(笑)」

9 太 郎「逆にライブ後はテンション高いですか?それとも落ち着くタイプですか?」

ドクソン「私は、高いですね、『うおおおおおお』ってなっています!」

9 太 郎「そうなんですね!僕は出し切って、すごい静かになるタイプなんですよね!」

ドクソン「えー逆だ!私も多分見た目はそんなにテンション高い風には見えないかもしれないけど、心の中でダンスを踊っていますね!(笑)」

9 太 郎「表現がいちいちおもしろすぎる!(笑)」

『GO TO THE BEDS』は振付をメンバーが担当!

9 太 郎「リハーサルとか練習はどんな風にしていますか?」

ドクソン「メンバーが振付をしているので先生はいなくて、繰り返しやってみては、お互いに言い合いっこしながら直します。そのなかでより良い案が出たら少し変えたりもして!」

9 太 郎「いい関係性!そういう風に指摘されたときは素直に受け入れますか?」

ドクソン「受け入れます!そういうときに人の意見を聞けないと、教えてもらえなくなってしまうかもしれないですし…常に自分が間違っていると思って疑っています(笑)」

9 太 郎「えらい!その通りですよね…!リハ中に空気がピリッとしたりすることはありますか?」

ドクソン「うーん…本番直前にいい意味でピリついたり、あとは振りを考えているときに煮詰まって空気がよどんでしまったりはあるかも…そんなときは、『うぇーーーい』ってやって私だけ楽しくなっています!」

9 太 郎「ムードメーカーなタイプなんですね?(笑)それ、周りにイラつかれないようにしてくださいよ!?(笑)」

生まれ変わるとしたら女性アイドル?男性アイドル?

ドクソン「もし生まれ変わってまたアイドルになるとしたら女性アイドル・男性アイドルどちらになりたいですか?」

9 太 郎「えーむずかしい!でも女性アイドルかな!アイドルってバチバチしているイメージだったんですけど、CUBERSになってみたら意外といいやつばっかりで仲良くて!素敵なことなんですけど♪」

ドクソン「刺激が足りないんですね!(笑)」

9 太 郎「センター争いとか歌割り争いをしてみたくて!思いがけないメンバーがセンターになってざわつく感じとかを味わってみたい…(笑)」

ドクソン「たしかに『GO TO THE BEDS』にも歌割り争いはあるかも…!普段はチームワークが大切ですしあまり表には出さないけど、フルコーラスをレコーディングした上で良い部分が切り取られて歌割りが決まるので、個人個人の戦いです(笑)」

9 太 郎「わ!そのドキドキ感いいなー!僕たちは、レコーディングの前に歌割りが決まっているので…たまに、自分のパート以外も勝手に歌っちゃったりしていますけど♪(笑)」

ドクソン「そのくらいの勢いでいきましょ!(笑)ちなみに私も、女性アイドルに生まれ変わりたいですね!メイクできるから自分次第ですごく幅が広がるので♪」

9 太 郎「たしかにそれもいいですね!」

9太郎さんの幻のキャラクター『おいらおいら』再来!?

ドクソン「最後に今日どうしても聞きたかったことがあって…9太郎さんが昔やっていた『おいらおいら』の動画が好きだったんですけど、もうやらないんですか…?」

9 太 郎「もうやらないです!(笑)そもそも『おいらおいら』を知っていただいているのがすごい!あるある動画を投稿する前にやっていたキャラクターなので本当にコアなファンの方しか知らないのに(笑)」

ドクソン「あれ大好きで、メンバーと絶対バズるって話していたんですよ!いつかまた見たいですーーー!」

9 太 郎「ほんとですか?(笑)検討しておきます…!(笑)」

ドクソンさんの独特な世界観に圧倒されっぱなしの9太郎くんでした!
(『おいらおいら』がお好きな方は109ニュースTwitterの告知動画に注目です♪)

第8弾もお見逃しなく♪

(Photo:Toru Hasumi)

関連記事

スパガ 阿部夢梨×9太郎 を見る

ボイメン 水野勝×9太郎 を見る

イコラブ 齊藤なぎさ×9太郎 を見る

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading