SHIBUYA109NEWS

検索
CULTURE

BEYOOOOONDS 清野桃々姫×9太郎【アイドルオタクアイドルの推し活♡夢対談vol.8】

2020.09.26
末吉9太郎さんアイドルオタクアイドル

アイドルオタクアイドルとしてブレイクし、109ニュースでも話題沸騰中のCUBERS末吉9太郎くんの連載!プライベートでも推している今気になる人に、気になることを根掘り葉掘り聞いちゃいます♪

第8回目のゲストとして来てくれたのは、寸劇から始まる中毒性の高い楽曲が話題となり人気急上昇中の『BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)』から清野桃々姫ちゃん♡

連載第8弾の対談ゲストはBEYOOOOONDSの清野桃々姫ちゃん♪

昨年8月にメジャーデビューを果たし、日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得したハロプロ発の12人組アイドルユニット『BEYOOOOONDS』。その最年少メンバーとして活動している清野桃々姫ちゃんがゲストに来てくれました♡

9太郎「研修生として入ってきたときに”桃々姫”さんっていう名前に興味を持って、注目してみたらかわいくて…♪そのときからずっと推していたんです!」

桃々姫「そうなんですか!!そんな前から知っていただいていたなんて…!すごくうれしいです…♡」

9太郎「今日もドッキリなんじゃないかって半分疑いながら来たくらい、お会いできて光栄です!(笑)なかなか目が見れないよ〜!」

桃々姫「いやいやお会いできてうれしいのは私の方です!今日はよろしくお願いします♪」

9太郎くんが小さい頃から大好きなハロプロメンバーとの初対談は、緊張気味にスタート!

ハロプロで一番古い記憶はアー写撮影♡

9太郎「研修生になったのって、いくつのときでしたっけ?」

桃々姫「11歳、小学5年生でした!今15歳なのでもう4年前ですね」

9太郎「わーまだ子ども!というか今もまだ高校1年生なんですね…すごいしっかりしてる!ちなみにハロプロに入ってからの一番古い記憶ってなんですか?」

桃々姫「最初のお仕事がアーティスト写真の撮影だったんですけど、一岡伶奈ちゃん(現リーダー)が話しかけてくれて、いろんなことを教えてくれたことが思い出に残っています!」

9太郎「ステキな先輩♪メイキング映像を見ると、ハロプロの撮影ってシャッターを切るスピードがすごい速い印象で…僕、それに憧れてポージングを変えていく練習を家でしていたんですよ(笑)」

桃々姫「えーーーー!それを練習する当時の9太郎さんにお会いしたかったです(笑)」

元気の秘訣は朝イチに『ビタミンME』やソーラン節を踊ること♪

9太郎「普段何時くらいに寝るんですか?」

桃々姫「午前1時くらい!筋トレしたり、動画を見たり、次の日の準備をしたりしていると結局遅くなってしまって…!自粛中はメンバーの岡村美波ちゃんと朝まで電話してしまったことがあって反省したので、それ以降はこれでも気をつけています(笑)」

9太郎「朝まではすごい…!メンバー同士仲良しですね♡朝は何時に起きますか?」

桃々姫「7時半とか8時くらいですかね!起きるの苦手なので絶対三度寝くらいしちゃいます!」

9太郎「早めだ!三度寝は最高ですよね!(笑)朝のルーティーンはあるんですか?」

桃々姫「踊ります♪朝イチで体を動かすと1日すっきり過ごせるんです!BEYOOOOONDSの『ビタミンME』という元気な曲とかラジオ体操とかソーラン節とかを踊って元気を出しています♪」

9太郎「えええええええ!朝からすごい!!しかもソーラン節!?(笑)でもたしかに、僕も逆立ちをすると体の調子が良くなるので、たまにやっています!」

お休みの日にしているという"トークボックス"とは?

9太郎「帰宅後の過ごし方は?」

桃々姫「筋トレとかマッサージをして、Creepy Nutsさんとか菅田将暉さんとか…あと水溜りボンドさんとかの『オールナイトニッポン』を聴きながら長めにお風呂に入ります!」

9太郎「意識高い…!ラジオも聴くんですね!僕も三四郎さんの『オールナイトニッポン』をよく聴きます♪お休みの日は何をして過ごすんですか?」

桃々姫「音楽がすごく好きなので、DTMでトラックメイクをしたり…”トークボックス”っていう、楽器の音に人が喋っているようなイントネーションを加えるエフェクターがあるんですけど、やっている人口が少なくてチャンスだと思って練習しています♪」

9太郎「すごすぎてついていけない…!とにかくすごいってことがわかった(笑)」

桃々姫「9太郎さんは、お休みの日は何をしていますか?」

9太郎「トークボックスのあとには恥ずかしくて言いづらいけど、エゴサ!!(笑)ちゃんと見ているよ、って気持ちでファンの方の投稿はもちろん、アンチの方の投稿もいいねします♪(笑)」

桃々姫「ええええええ!そうなんですね!」

9太郎「そうすると、あとから『深い意味はなかったけど本人からいいねきてた』みたいに投稿されてたりするので、意外と悪い人たちじゃないんだなって(笑)」

桃々姫「すごい…!私はあんまりエゴサしないんですけど、イベントで行った地方のお店や食べたものを”#ももひめしoooooり”というハッシュタグでファンの方とシェアしているので、そのタグはいつも見ています♥」

すべてのバッグに1つずつ"ラップの芯"を常備!?

9太郎「研修生時代に楽しかったことは?」

桃々姫「3か月に1度の発表会!客席に降りてファンの方の近くでパフォーマンスできるのがすごく楽しかったです♪」

9太郎「距離が近いのはいいですよね!逆に大変だったことはありますか?」

桃々姫「忘れ物をしないこと!(笑)歌割り表や、練習でマイクの代わりに持つラップの芯を忘れるとリハーサルに参加させてもらえないので…。」

9太郎「ひーっ!さすがハロプロさん…!!忘れ物したことはなかったんですか?」

桃々姫「私はなかったです!使っていたバッグが2~3個あったんですけど、全部に1本ずつラップの芯を常備していました(笑)」 

ファンのみんなも大好きな『桃々姫巻き』はまだまだ健在♡

9太郎「メイクのこだわりは?」

桃々姫「アイメイクです!二重が末広がりタイプなので、濃い色を塗ってしまうと逆に目が小さく見えちゃうんです。だから、自分に合う色を探して、最近はオレンジやピンクベージュを塗っています♡」

9太郎「研究してるんですね!じゃあ、自分で一番好きな髪型は?」

桃々姫「研修生のころによくやっていた、ツインテールでコロネみたいに巻く、通称“桃々姫巻き”です♡15歳のバースデーイベントで、やれるうちにやっておこうと思って久しぶりにその髪型にしたらすごく好評でうれしかった♪」

9太郎「いやいや!”やれるうちに”ってまだあと10年は少なくともいけますよ!!アイドルさんのツインテールは尊いからぜひ今後もやってほしいです…♡」

先輩後輩やグループの垣根を越えて仲が良いのがハロプロ!

9太郎「仲が良いハロプロメンバーは?」

桃々姫「Juice=Juiceの植村あかりさん!舞台でご一緒したときに、クッキーを食べるシーンで私がクッキーを落としてしまって。焦っていたら、植村さんがさりげなく拾ってポケットに入れてくださったんです!

大先輩でそれまではあんまり話したことがなかったんですけど、ありがたすぎて舞台袖に帰るなりわーーーーってハグをして♡それを機に仲良くさせていただくようになりました♪」

9太郎「かっこいい!惚れちゃいますね♥じゃあ、今後遊んでみたいメンバーはいますか?」

桃々姫「アンジュルムの川村文乃ちゃん!年上ではあるんですけど研修生では1つ後輩で、私が教育係だったのでもとから話す機会も多くて…遊びに行こうねって言っているところなんです♪」

9太郎「そうなんだ!ちなみに教育係って具体的には何をするんですか?」

桃々姫「ルールを教えてあげたりとか、最初のうちは一緒に着替えたりもして自分ひとりで行動できるようにします!」

9太郎「へー!知らなかった…貴重なエピソード♡じゃあ、憧れの先輩は?」

桃々姫「鞘師里保さんです!2019年の『ひなフェス』でご一緒したとき、もともと鞘師さんのイメージが強い曲を私のソロ曲に選んでしまっていて…しかも私のソロの次が鞘師さんの出番で!

そうしたら本番、鞘師さんがパフォーマンスを見てくださっていて、舞台袖で『よかったよ♪』って声をかけてくださったんです!!声も出ないくらいうれしかったです!」

9太郎「それはうれしすぎる…!偉大な存在ですね!」

ファンの方と触れ合える時間が何より楽しい♪

9太郎「仕事をしていて一番楽しい瞬間はどんなときですか?」

桃々姫「握手会とかのイベントですね!ファンの人と話すのが大好きなので♡デビュー直前、週2回のペースでイベントをさせていただいた時期は、すごく幸せでした♪」

9太郎「ファンとしてもすごくうれしい♪握手会では、ファンの方とどんなお話をしますか?」

桃々姫「全部ノリでいっちゃうので『やっぴー♪』とか『元気?』って話しかけたり、じゃんけんをしたりします!(笑)」

9太郎「絶対楽しい♪(笑)オタクとしては、ご本人を目の前にすると準備した話題を忘れちゃうこともあるからありがたい!!」

9太郎も衝撃のBEYOOOOONDSのフォーメーションのつくり方!

9太郎「リハーサルはどんな風にやっていますか?」

桃々姫「BEYOOOOONDSは寸劇など個性的なパフォーマンスもあるので、歌とダンス以外にもセリフ合わせの練習をしたり…

あと特徴的なのが、普通はステージ上の『バミリ』っていう目印を見てフォーメーションをつくると思うんですけど、私たちは『バミリ』をあんまり使っていないんです!」

9太郎「え!衝撃!!どうやってフォーメーションをつくっているんですか!?」

桃々姫「最初に振り付けを教えてもらうときに、その位置から見える景色とかお互いの距離感で覚えるんです!振り付けも含めてお互いに指摘したり調整しながらやっています♪」

9太郎「大人数でそれができるのはすごい…!」

マイクを落とすのは絶対NGなのに9太郎大失態!?

9太郎「ちなみに僕、ハロプロさんのリハーサル映像で夏まゆみ先生がマイクを落とすのは絶対にだめだって話していたのを見たことがあって。

CUBERSのメジャーデビュー曲も振り付けが夏先生だったんですけど、初回のリハのときに”マイクは落としちゃダメ”って念じていたら、意識しすぎて逆に落としてしまったんです…!

案の定注意されたんですが、もともと知っていたからかテンパって『ですよね…!』ってものすごく失礼な返事をしてしまって…最悪でした(笑)」

桃々姫「それは他人事だからすごくおもしろいエピソードだけど、めちゃめちゃ焦りますね!!(笑)」

桃々姫ちゃんと目が合ったら、それは勘違いではない♡

9太郎「アイドルとして気をつけていることは?」

桃々姫「夢の存在であり続けなきゃいけないとは思うんですけど、親近感を持ってもらいたくて…私も人間だから悩みとかムカつくこととかもあるし、そういうことも含めて共有して勇気を与えられる存在でありたいです!」

9太郎「そんなふうにファンを思ってくれているんですか!?尊い…♥ちなみにステージ上で気をつけていることは何かありますか?」

桃々姫「いっぱい目線を送ること♥一瞬じゃなくて2~3秒くらい目を合わせたまま、その人に向かって全力を注いで歌います!」

9太郎「ファンとしては、”勘違いかもしれないけど目が合った”って思うことも多いけど、それなら確信を持てる!絶対うれしいよ〜〜〜〜最高♪」

最後に桃々姫ちゃんからお悩み相談が!?

桃々姫「9太郎さんみたいにキャラを確立させるにはどうしたらいいですか?」

9太郎「えー!確立しすぎなくていいと思いますよ?(笑)僕はたまに後悔しますもん!(笑)」

桃々姫「え、そうなんですか!?(笑)よしえさんはつくったキャラなんですかー?」

9太郎「いや、動画内で出てくるよしえちゃんはテンションがあがったときの僕を誇張した感じであんまり変わらないんですけど…もともと僕は、キラキラの王道アイドルが好きでそうなりたかったのに、そういう路線じゃなくなっちゃったから、たまーーーーに後悔します(笑)

清野さんは普通にお話ししていても、キャラが十分にじみ出ているからありのまま活動していれば大丈夫だと思いますよ♪」

終始ハイテンションで笑顔の絶えなかった2人♪名残惜しそうに対談終了となりました!

次回第9弾もお見逃しなく♡

<Photo:Toru Hasumi>

関連記事

ユイ・ガ・ドクソン×9太郎 を見る

スパガ 阿部夢梨×9太郎 を見る

ボイメン 水野勝×9太郎 を見る

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading