SHIBUYA109NEWS

検索
EVENT

未来感満載♡お台場にあるデジタルアートミュージアムって?!

2018.07.07
長谷川麻衣さん女子大生

6/21にオープンした、デジタルアートミュージアム ”Team Lab  ボーダレス” について本気のレビューしちゃいます!

みんな行っているけど、ちょっと値段が高いし…と思っている方!

ぜひこの記事を読んでみてください✩
皆さまが気になる、実際どうなの?について答えます!

 

今年のテーマは”Team Labボーダレス” !

その名の通り、各テーマに基づいた作品の部屋はとても広いににもかかわらず、映像には全く境界線がありませんでした!

「アートが人々と関係性を持ち、作品が他の作品とコミュニケーションをし、時には混ざり合う」といったコンセプト。
 

そして、このミュージアムの特徴は、なんといっても!
順路が決まっていない迷路のような館内を、見て回るので見る順番に縛られない。
時間によって変わる作品を、一人一人が違うものを見て、感じるところかと思います。

では、早速作品について紹介します!

 

①Flower Forest「花の森」

ここが一番広い部屋。
さらに、鏡で囲まれていたのでさらに広く感じました!

私はお花の中で一番好きなひまわりのブースでとってみました〜!

 

②人々のための岩に憑依する滝

ここは、Flower Forestの続き。
今回の、チームラボ ボーダレスのメインでもある場所です!

時間によって、壁の映像が変わりとても不思議な空間でした。

ここでは、暗くて写真は取りづらかったものの、写真では伝わらない壮大さがあったので行ってみないとわかりません!笑

 

③ランプの森

ここは、よくSNSでも見る方多いかと思います!
まさに、映画の中の世界にいるようでした〜♡

「呼応するランプ」という題名どおり、1つのランプの色が変わると周りのランプも徐々に色が変わって行きます。

色によって部屋の雰囲気も全然違うので、行った時に何色になっているかも楽しむポイントかと思います!

 

④クリスタルワールド

とにかく、360度キラッキラの場所。
実は、少し奥に行くとオペレータールームがあってそこで光の演出を操れちゃうんです!

多くの演出パターンがあり、ずっとここにいれちゃいました♡笑

 

⑤地形の記憶

音楽と、映像がシンクロするお部屋。
田舎の風景がテーマの部屋で、実際の棚田のように傾斜のある部屋になってました!

部屋の地形からこだわっているところが個人的に感動してしまいました…!

 

⑥運動の森

最後はこちら!
運動の森です。

その名の通り、トランポリンやミニアスレチックのようなものがありました!

小さい子向けのスペースもありましたが、大人の方もたくさんいたので十分体を動かして遊べるスペースにになっていると思います♪


本記事では6個の作品を取り上げましたが、これはあくまでも、展示の中の一部!
他にも、小さい作品から、写真では伝わりにくい作品など色々ありました。

普通の美術館とは全く違い、まさに未来感満載の美術館でした!
アートがすきでよく美術館に行く方はもちろん、普段美術館へ行かない人でもとても楽しめる場所です♡

現在とても人気のため、当日券はすぐに完売とのことなので、前売りチケットを購入するのをオススメします!
気になる方はチェックして見てね✩


SNSもよろしくお願いします!
Instagram:mh0804
 

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading