SHIBUYA109NEWS

検索
EVENT

ミスオブミス2019は元SKE48メンバーに決定?グランプリ・準グランプリにインタビュー

2019.03.28
109ニュース シブヤ編集部さん

全国のミスキャンパス、ミスターキャンパスの中から、日本一のミス、ミスターキャンパスを決定する「Miss of Miss CANPAS QUEEN CONTEST・Mr. of Mr.CANPAS CONTEST 2019」が、3月28日赤坂にて開催されました。

“日本一美しい女子大生”、“日本一かっこいい男子大生”グランプリ、準グランプリに輝いたのは…?

ミスオブミスグランプリに輝いたのは元SKE48中村優花さん!

普段良く読む雑誌は『美人百花』だそう

栄えあるミスオブミス、グランプリに輝いたのは南山大学2年生、中村優花さん。

グランプリを受賞して涙ながらに「最初はミスオブミスに出ることも躊躇していました。でもファンの皆さんと、成長の過程を一緒に大切にしていくことで 、今まで自信がなかった自分を少しずつ認めてあげることができました」と語ってくれました。

高校時代放送部に所属し、絵本の朗読が好きだという中村さんの将来の夢はアナウンサーなのだそう。

「憧れのアナウンサーは東海テレビの上山真未アナです。画面越しからも気遣いや優しさが滲み出てていて。言葉に重みがあるアナウンサーになりたい」と語ってくれました。

ミスオブミスコンテストの出場経験から得たものについて聞くと、中村さんは笑顔で「何事も諦めないことが大事だということを、身をもって知ることができたことですね。腐らずにやり抜けば、必ず結果は出る。がんばった自分を認めてあげたい」と話してくれました。

準グランプリは龍谷大学・ 嘉部志音さんと日本大学・藤井あみさん!

惜しくも準グランプリとなったのは龍谷大学・嘉部志音さんと日本大学・藤井あみさんの二名でした。

嘉部さんは「京都という田舎からこうしてミスオブミスに出場して。大学のミスコンの時とは比べ物にならない、全国区の注目度の大会でなにか得たかった」と話してくれました。

また藤井さんは「自分自身がミスコンが好きで注目しているものだったので、同じ舞台に立てて嬉しい」と笑顔でした。

嘉部さんはファッションが大好きで、どうしても一度現場で働いてみたい、と大好きな「Ungrid」でアパレル店員としてもアルバイトしているのだそう。

「洋服が本当に大好きで、アパレルでバイトを始める時も、募集も出ていないのに思い切って店舗に電話したのがきっかけでした。
大人っぽいファッションが好きで、EMODAやmoussyなども好んで買っています」

そんな嘉部さん、将来の夢はメディア関係なんだとか。

「もともとは航空関係の仕事に興味を持っていましたが、ミスコン活動を通して関わりの増えたメディア関係の仕事に興味を持っています。これも、ミスオブミスに出ることができたから」と笑顔で話してくれました。

藤井さんはもともと自身がミスコンのファンで、去年は立命館大学2018年ファイナリスト、梅村遥奈さんを応援していたといいます。

「応援する側からされる側になったことが感慨深い。将来の夢は決まっていないけど、この経験を活かして素敵な女性になっていきたい」と語ってくれました。

そんな藤井さんがミスコン経験で一番つらかったのは「showroom」配信なんだとか。

「一日中配信しなくてはいけない時もあって、眠かったりネタ切れしたりで大変でした。今ではそれもいい思い出」と笑顔でした。

日本一かっこいい男子大学生に輝いたのは明治学院大学・草地稜之さん!

さて、そして気になるミスターオブミスター、”日本一かっこいい男子大学生”のグランプリに輝いたのは明治学院大学・草地稜之さんでした。

草地さんはミスターリゼウォーク賞mysta賞、RAGEBLUE賞と共に4部門受賞となり、グランプリを取った感想も「あくまで応援してくれたみなさんに報いることができたことが嬉しかった」と余裕の笑顔でした。

カメラに向かってライダーポーズ

そんな草地さん、将来は大好きな仮面ライダーに出演するのが目標なんだとか。

「竹内涼真さんのような俳優になりたいです。素の状態からかっこよくて大好き」と照れくさそうに話してくれました。

草地さんは洋服が大好きで、普段はFREAKSTORE、ZARAなどでお買い物するそうです。
当日もリネンのセットアップが爽やかでした。

準グランプリは慶應義塾大学・髙橋航大さんと佛教大学・兵頭海地さん!

ミスターオブミスター、準グランプリに輝いたのは慶應義塾大学・髙橋航大さんと佛教大学・兵頭海地さんでした。

高橋さんは受賞の感想として、「今までは無難に8割こなせればオッケー、という考え方だった。 なにか一つのことをやりきる経験をしたいと思い、ミスターコンにエントリーしました。この活動だけに取り組んで、やりきることができた」と話してくれました。

また兵頭さんは、「コンテストを通して、自分の夢や目的はグランプリをとることよりもっと上野ことだ、と自分自身に言い聞かせていました。将来、アカデミー賞を取れるような映画俳優になりたいんです。その夢に参道してくれる人がたくさん増えたのが、一番のメリット」と語っていました。

高橋さんは昔から事務所所属のタレントや俳優業に興味があったのだそう。

「勧めてくれる人は周りにたくさんいたのに、今まで何もしてこれなかったから、これが最後のチャンスかもしれないと思ってエントリーしました。

配信活動の際、有名な芸能人やジャニーズの人をたくさん見ていて、”こんなにファンがついてすごい”と感じていましたが、こうしてコンテストを最後まで終えてみて、自分にもこんなにたくさんのファンがついてきてくれているというのが本当に嬉しかったです。

中途半端だった自分を立ち直せたと思います。100パーセント出し切りました」

とすっきりした表情で話してくれました。

このコンテストに出るまで、自分の外見に全く興味がなかったという高橋さん。「こんな自分でもここまでこれた」と、満足そうな表情でした。

兵頭さんは京都にある佛教大学の2年生。

「今まで東京になんて、よっぽどの用事がないと来なかったのに、このコンテストを通して何度も東京に来ているうちに、まんまとタピオカにハマりました(笑)。おいしかったのは、竹下通りで飲んだ茶加匠かな!」

都内でも増えつつあるタピオカ男子になったことを嬉しそうに話してくれました。

また自身のチャームポイントについて、「ミスターコンに出るのはジャニーズ系のキレイな男子が多いけど、俺はどっちかって言うと三代目系(笑)。でもそれはアイデンティティだと思って、短髪のヘアスタイルを貫きました。髪はDEUXER(デューサー)というハードワックスでしっかり固めてます」と話してくれました。

ミスオブミス、ミスターオブミスターはこれからも続く…

ミスオブミス、ミスターオブミスターは全国のミス・ミスターキャンパスが出場権を持ち、全国区でWEB投票、配信活動などを行って「日本一のミス・ミスターキャンパス」を決めるコンテストです。

これまでも小正裕佳子、杉浦友紀、八田亜矢子、福田萌、高見侑里、久冨慶子、古谷有美、伊藤弘美、畑下由佳、笹崎里菜、山形純菜、並木万里菜、海老原優香、山賀琴子など多くのアナウンサーやタレントを輩出してきています。

「今までの自分に自信が持てなかった」
「いつも中途半端だった」

そんなふうに過去を振り返る出場者たちは、少しの勇気で各大学のミスキャンにエントリーしたことで、ここまで成長することができたのです。

さあ、あなたも来年は、大学ミスキャンにエントリーしてみませんか?人生が変わるかもしれませんよ。

〈Text : Shiori Mikuni〉

提供元:109ニュース シブヤ編集部

  • EVENT RANKING
  • EVENT 最新記事
Loading