SHIBUYA109NEWS

検索
EVENT

「109路上LIVE」3rd シーズンの2nd ROUNDの白熱したバトルを制したのは…?準優勝・優勝にインタビューも!

2019.11.05
109ニュース シブヤ編集部さん

SHIBUYA109が「Making You SHINE!」(新しい世代の今を輝かせ、夢や願いを叶える)を体現するプロジェクトのひとつとして、2017年より始動している109路上LIVE。

3rdシーズンは「DOUBLE DOTCH」をテーマに開催!ダブルダッチとはふたりの回し手が2本の縄を内側に回し、その中でジャンパーが技を交えながら跳ぶ競技です。

10月27日に行われた予選大会2nd ROUNDのバトルの様子をお伝えします!

まずはピックアップ形式の予選でスタート!

まずはピックアップ形式の予選からスタート。

参加者のジャンパーがサークルを作り、自由にパフォーマンスをしてJODGEにアピールしていきます。

制限時間の40分の中では何回跳んでもOK!

JODGEはJUNKNESS、TakumA、KAI、KEITAの4人、MCはYUI、DJはIWANESSが担当しました。

BEST8はトーナメントで1on1対決!

予選を勝ち抜いた8人はトーナメント形式で対決!

1人1分2MOVEのパフォーマンスをした後、4人のJODGEの多数決で勝者が決まります。

DJの音楽に合わせて、レベルの高いパフォーマンスが繰り広げられました。

バトルの合間にはショーケースも!

今回パフォーマンスしてくれたのはこちらの2組。

SHOWCASE①
パキラ
/Mrs DOUBLE DOTCH

SHOWCASE②
Rush ∞Jack
/BITTER's CLUB

さらに決勝戦の前にはゲストショーも開催!

ゲストショーはこちらの2組♪

GUEST①
御用with J

GUEST②
REGSTYLE

御用with Jはバスケットボールを使った、珍しいパフォーマンスを披露!

そして、面白さもかっこよさもあるREGSTYLEのダブルダッチパフォーマンスに、会場は大盛り上がりでした!

いよいよ決勝戦!勝つのはどっち…!?

トーナメントを勝ち抜き、決勝戦で戦うのはTO-MAとTAKAO!

どっちが勝ってもおかしくないような熱いバトルで優勝したのは…?

接戦を勝ち抜いたのはTAKAO!

優勝者のTAKAOには賞金5万円が贈られました。

優勝者&準優勝者にインタビュー!

ー今日の路上ライブの感想は?

TO-MA:いつもダブルダッチのイベントは屋内なので、青空の下で跳べたのは気持ちよかったですね。みんなで盛り上がれたので楽しかったです。

TAKAO:参加者の年齢が中学生から24歳までと区切りがあったり、1on1で戦ったりするバトルは初めてだったので気合が入りましたね。負けられない気持ちもあったけど、1番は楽しむことができたのでよかったです。TO-MAは今までで戦いたかった相手だったので、今日勝てて嬉しいです。

ーダブルダッチの良さは?

TO-MA:ダブルダッチは個人でやる楽しさと、チームでやる楽しさが両方味わえるのがいいですよね。いいパフォーマンスをすると、お客さんもいい反応をして楽しんでくれるのが嬉しいので、辞められないです。

TAKAO:ダブルダッチでは、自由に縄の中で表現できるのが楽しいですね。


ー決勝大会への意気込みをどうぞ!

TO-MA:決勝に上がってくる人は実力がある人ばかりだと思うので、もうちょっと練習して挑みたいですね。決勝は楽しみながらも盛り上げられるように、頑張りたいと思います!

TAKAO:決勝大会では1st ROUNDの優勝者たちにも勝って、30万円取りに行きます!優勝したらハワイとか行きたいです!


TO-MAとTAKAOが出場する決勝大会は、11月24日にSHUBUYA109店頭前イベントスペースにて開催!誰がグランプリになるか要チェックです☆

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading