SHIBUYA109NEWS

検索
EVENT

【SEVENTEEN WORLD TOUR <ODE TO YOU> IN JAPAN 最終日レポ】13人揃った、SEVENTEENのパフォーマンスにCARAT大熱狂!

2019.11.22
高井 香子さん韓国トレンドライター

2019年11月9日(土)、 幕張メッセ国際展示場4-6ホールにて行われたSEVENTEENのワールドツアーコンサート「SEVENTEEN WORLD TOUR IN JAPAN」。

13人全員がそろった日本公演最終日は、いつもより声援が増したように感じました…!今回は大盛況に内に幕を閉じた、ライブの模様をレポートしていきたいと思います♪

13人そろったSEVENTEENのライブに大歓声♡ファンとのコミュニケーションも

演出に合わせて色が変わるペンライトが13人の力強いダンスと合わさってよりCARATとの一体感、そして会場を一層美しく盛り上げたこの日のステージは、『Getting Closer』からスタート!続けて炎の演出や3D演出を交えながら、『ROCK』『CLAP』の3曲をノンストップで披露。

曲目が始まる前、ジョンハンがステージに1人で現れたと思いきや、白い布が下され全員が登場した時の歓声はいまだに忘れられることもなく、鳥肌ものの演出でした!

カッコいいパフォーマンスの後は、日本語を交えながらのMC。自己紹介をメインとしたメンバー間のやり取りに、会場は終始和やかなムードに包まれました。

その他にも、10歳の女の子に話しかけるなどファンへのサービスも忘れないSEVENTEEN!

メンバーがツアータイトル「ODE TO YOU」に込めた意味や想いを真剣な眼差しで話すとまた会場の空気はまた一変、ファンへの気持ちを込めた『THANKS』『Don’t Wanna Cry』は力強いステージに見せてくれました!

メンバーの個性を最大限に感じられるチーム別パフォーマンスも圧巻!

チームステージはHIPHOPチームからスタート。ここでは『TRAUMA』と『Chilli』の2曲が披露され、カリスマ性溢れるパフォーマンスとラップのスピードに会場もハラハラドキドキ!

パフォーマンスチームは『Lilili Yabbay』と『Shhh』。

幻想的なパフォーマンスで、会場にいる全員がメロメロに…♡

『Hug』『Don't Listen In Secret』のステージには、ボーカルチームが登場。SEVENTEENがアーティストである事を再認識させられる時間に!

ばらばらのチームから13人にまた集まったステージ『Smile Flower』では、観客を360度見渡せるステージから、CARATの熱い想いを受け取っているかのようにも見えました。

メンバーと共にCARATと韓国語の歌詞を合唱し、気持ちが一つになったところで前半戦が終了。

前半とは一転、ポップで可愛らしい楽曲が続いた中盤のパフォーマンスにきゅん♡

「SVT MUSEUM」と題したステージでは、メンバーの個性溢れるポップで可愛らしい衣装にぴったりな『Adore U』『Pretty U』から披露。

続いて『Oh My!』『Just do it』では日本語の歌も聞けたりスペシャルなステージに仕上がっていましたよ!無邪気にはしゃぐメンバーが見られて幸せすぎました…♡

この日のライブはライブビューイングもあったのですが、常にライブビューイングを見てくれている人も意識したコメントやファンサービスをしていたのもきゅんと来ちゃいました!

3曲も披露してくれた贅沢すぎるアンコール♪最後には嬉しいお知らせも…

『Good to Me』でカリスマ性溢れるパフォーマンスで圧倒されたと思いきや、続けて歌われた『Happy Ending』の日本語の歌詞は全員の心に響いたはず…。

自己紹介以降、MCなく約2時間ノンストップでステージに立ち続けたメンバーはトークで疲れをみせることなく、最後の曲『Fear』で披露。

大きな歓声の中、本編は終了。本編終了後、すぐにアンコールの声「セブンティーン!セブンティーン」が会場いっぱいに響き渡ったと思えば、メンバーがトロッコで登場!

今回の幕張メッセの後ろの方は少し見難い作りであったことを配慮したであろう、この演出には会場中が大興奮♪

思い思いのライブグッズを身にまとったメンバーは『9-TEEN』『HIT』『VERY NICE』をパフォーマンス。『VERY NICE』では音楽が止まって終わったと思いきや、『アジュナイス!』と繰り返し、再び音楽が流れて終わらないという演出はメンバーもcaratもこの時間が永遠に続けばいいのに…!と思ったはず!

悲しく終わらないように、明るく楽しくcaratをもてなしたメンバー。トークでのファンやスタッフに対する思いや感謝は、嘘偽りのないまっすぐなセブンティーンを表していてファン一人ひとりが言葉をかみしめているように思えました。

そしてライブ終了後に画面に現れたカウントダウンの数字。どよめきの中、色々な予想がありましたが…ドームツアー決定の発表でしたね!

ドーム公演はファンにとっては嬉しくもありますが、同時に遠い存在になってしまうのでは…と感じてしまうこともありますが、今回のライブでもみんなが感じた彼らの熱い気持ちやファンへの想いはますます強くなっていく気がしました!

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading