SHIBUYA109NEWS

検索
HAIR/MAKE

ボブにも効く! 髪のカールを夜まで持続させる簡単ひと工夫

2015.03.25
109ニュース シブヤ編集部さん

 

毎日しっかりと髪を巻くのって意外とたいへんですよね…。

朝ばっちりセットしていても、夜になると巻きがくずれちゃうことってよくありますし。

特にボブだと、きちんとセットしたはずなのに夕方になると髪が逆方向にはねちゃっていた…、なんて経験もあるはず。

 

1

 

では、そんなヘアセットをするときに、意識すれば格段にスタイリングの持ちがよくなるひと工夫を紹介したいと思います。

(実際に工夫した時としない時でどれくらい持ちが変わるのかも実証してみてみました☆)

 

1.コテで巻く前に必ずスタイリング剤を使う

 

2

まずは寝グセ直しになるような、ミスト系のスタイリング剤を髪全体につけましょう。

 

 

2.ドライヤーでスタイリング剤をしっかり乾かす

 

3

スタイリング剤を髪にふきかけたら、必ずドライヤーで乾かします。

ぬれた状態で巻いてしまうとすぐに巻きがとれてしまうので注意。

 

 

3.巻く場所ごとにざっくりとブロック分けする

 

4

事前にブロック分けするのも大事な手順。

ざっくりとでいいので左右3ブロックくらいに分けましょう。下側の髪の毛から巻くとうまく巻けます。

 

 

4.毛先5センチを残して巻く。

 

5

髪の毛の先端から巻いてしまうと、不自然なカールになったり髪の毛が痛む原因になってしまうことも!

5センチほど残して巻きはじめると自然なカールに仕上がります!

 

 

5.巻いた後はしっかりと熱をとってからほぐす。

 

6

髪の毛は冷えていくのと同時に形状を記憶するため、巻いた後すぐにほぐしてしまうのはNG!

巻いた髪を手でおさえるなどして、しっかりと熱がとれてからほぐしていきましょう。

 

 

6.ワックスは手で温めてから使用する。

 

7

よく伸び、なじむように、手のひらでよく温めてから髪の毛全体にもみこみましょう!

 

 

 

最後に、ドライヤー後コテで巻いてワックスをつけただけの髪と、ここで紹介した手順でセットした髪の1時間後の状態を比較してみました!

 

▼一般のセット方法

8

 

▼ここで紹介した工夫を加えたセット方法

9

 

 

いつものやり方だと、たった1時間でボリュームがなくなり、ぺたんこになってしまっているのに対して、ここで紹介した方法では、カールもしっかり保たれていてふんわり感が持続しています。

 

目に見えてけっこうな違いが出たのでびっくりでした! 

ちょっと手間を加えるだけで仕上がりも持ちも変わってきます。みなさんもぜひ試してみてくださいね♪

 

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading