SHIBUYA109NEWS

検索
HAIR/MAKE

こんなものまで!? セルフネイルで活躍する身近な道具たち

2015.04.26
109ニュース シブヤ編集部さん

 

あの身近なアイテムが、ネイルアートでも大活躍♪

 

ネイルアートというと、専用の特別な道具がないとできないというイメージがありますが、実はわざわざ道具を買わなくてもできるアートはたくさんあります。

それは、普段生活の中で使われているような、どこの家庭にでもあるような道具を使うことです。

 

普段、料理や洗いもの、おしゃれなど生活の中で何気なく使っている道具たちの中には、ネイルアートで活躍できちゃうものがあります。

ここでは「ネイルアートでも活躍できる身近なアイテム」と、それに対応したネイルアートについて紹介します。

 

 

●キュートなドットアートを「ヘアピン」で

 

Hairpin

女性なら多くの方が持っているヘアピン。

たくさん入っていても安いセット商品も多いため、使わないまま余っている人も多いのではないでしょうか。

先端が丸くなっているタイプのヘアピンであれば、ドットアートを描くことができます。

丸くなっている先端にドット用のネイルカラーをつけて、爪に押すようにドットを描きます。専用の筆やホログラムなどがなくても、キレイなドットを描くことができます。

ポップでキュートなドットを、ヘアピンで簡単に楽しみましょう!

 

 

●「つまようじ」で作る繊細アート

 

2a302d0dcc9bd9a0c59e416cc8d64c93_s

つまようじは先端のとがった部分も、反対の丸っこい部分もネイルアートに使えます。

とがった側はラメ入りラインや繊細なアートに、丸い側はドット柄やフラワー柄を描きたいときに使用しましょう。

特にとがった部分は、うまく使えば筆ではできないような繊細なアートができるようになります。しかも安くて使い捨てもできるのも嬉しいポイントです!

 


●ネイルパーツを「型ぬきパンチ」で

 

punchflower

http://homepage3.nifty.com/

安く手に入るようになった型ぬきパンチで、オリジナルのネイルパーツを作りましょう。主にテープやシールを使ったアートが楽しめます。

星型やハート型など、好きな形の型ぬきパンチをいくつかそろえておくと、いつでもオリジナルのネイルパーツが作れます。

あとは好みのベースカラーを塗ったネイルに貼り付けるだけで、オリジナルネイルの完成です。

 

提供:Itnail編集部

元記事:http://itnail.jp/

 

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading