SHIBUYA109NEWS

検索
HAIR/MAKE

ドンキのアイシャドウパレットで作る春のカラーメイク3選【109writer’s STYLE/新垣樹里#01】

2019.04.19
新垣樹里さんアパレルスタッフ

109ライターをPICK UPしていく連載企画!彼女たちが注目してるファッションやヘアメイクから、気になるスポットまで惜しみなく公開!気になるアレコレをたっぷりお届けします♡

今回のPICK UPライターは、おしゃれオーラ出まくりのじゅりちゃん☆

今回のPICK UPライターは、おしゃれすぎるファッションやメイク、インスタの世界観で真似したい女子が後を絶たない新垣樹里ちゃん☆

第1回目は、春に絶対したいカラーアイメイクを教えてもらいました!
なんと、使うのはドンキで売ってる30色入りのアイシャドウパレット1つ。必見です!

使うのは、ドンキでGETしたこのパレット1つだけ

L.A.COLORS アイデザインアイシャドーパレット 74134(本人私物)

それぞれ枠線の色のメイクにて、①から順に使用

「30色入りのパレットは、ドンキで購入。これ1つで、いろんなカラーメイクができるから本当に重宝しています♪」

人と差をつけたいなら断然“イエロー系”!

イエロー系は、おしゃれっぽさ&旬度が一気にアップ!女友達にも一目置かれること間違いありません。
難易度が高いと思いがちだけど、イエローは日本人の肌の色となじみやすいのだとか!

(上から)
①アイホール全体に黄色をのせる。
②二重幅に黄緑をのせる。
③目尻に深緑のラインを入れる。

「ちょっぴり元気な印象になりつつ、ガーリーに仕上げられるイエローシャドウ。春メイクにもぴったりだから、ぜひチャレンジしてみて!」

やっぱり王道“ピンク”は外せない!

あざとすぎずに盛るなら、目元に“ピンク”で決まり♡
でも甘めピンクじゃなくて、ちょっぴり落ち着いた色合いを重ねるのがじゅりちゃん流。程よくカワイイを叶えます!

(上から)
①アイホール全体に薄いピンクをのせる。
②ダークピンクを目頭から半分までのせる。
③パープルをダークピンクを塗っていない目尻から半分までにのせる。そうすることで、自然なグラデーションが完成!
最後に同じパープルで目尻にラインを入れる。

「明るめピンクじゃなくて、落ち着いたカラーを使っているから、大人っぽいピンクEYEが完成!甘々なスタイリングをしていない子でも、挑戦できるピンクメイクだと思います♪」

“ブルー”な目元で色気を漂わせてみる?

色っぽさもありつつクールな雰囲気を漂わせるなら、ブルー系が1番。
存在感バツグンで目力も強くなるから、劇的に印象を変えたい日にはおすすめです!

(上から)
①アイホール全体に薄いブルーをのせる。
②薄パープルを目尻の二重幅より上に入れて、指でなじませ、グラデーションにする。
③目尻に濃いブルーのラインを入れる。

「②のように二重の線より上にシャドウを入れると、目が大きく見えると聞いて実践しています☆ブルー系は、涼しげな目元になるので、夏にかけてマスターしとくといいかも!」

印象が変わる3つのカラーメイクは、どれも3ステップで完成!
この春は目元に“色”を仕込んで、いつもとちがう自分を演出してみては?

次回は、帽子のヘアアレをご紹介します!キャップやベレー帽など、種類ごとのアレンジをじゅりちゃんが伝授☆お見逃しなく!

じゅりちゃんの記事を見る♡

〈Photo:TOSHIYUKI IMAE Edit&Text:Kasumi Ito(vivace)〉

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading