SHIBUYA109NEWS

検索
TREND

【ありちゃん通信①】新しい洋服の選び方?!「エシカルファッション」ってなに?

2015.03.15
109ニュース シブヤ編集部さん

 

今月からスタートした新連載【ありちゃん通信】。

ここでは人気モデルの鎌田安里紗さん(ありちゃん)が先生になって、ニュースで話題になっていることや、身の回りにある意外な問題などを分かりや すく説明していきます!

まず第一回は誰もが着ている洋服について、知っておきたいことをレクチャー!! それではスタート!!

IMG_3924

 

※※※※※※※※※※※※※※※


みなさんが今着てる服、どこで誰が作ったものか知っていますか??

街をぶらぶらしてたら目に入ったニット。値段を見るとなんと1000 円。

安い!使えそう!と思ってとりあえず買ってみた。

こんなことってよくありますよね。

 

ふとタグを見てみると、、
MADE IN BANGLADESH

IMG_3922

 

ふむふむバングラデシュの人がつくったのかぁ。

バングラデシュから届いたのかぁ。

 

ん?生地代と輸送費と作ってくれた人に払うお金含めて、1000 円で利益出るの?

むむ(O_O)

ちょっと気になってきますね(O_O)

IMG_3923

 

買い物をするとき、できるだけ安いものを買いたい、

ついついそんな風に考えてしまうの。きっと、わたしだけじゃないはず。

だけど、もしそのお洋服をつくる過程で環境に悪い影響が及んでいたら?

つくってくれている人にきちんとお給料が支払われていなかったら?

自分のハッピーの裏側で何かが犠牲になっていたら悲しいですよね。

 

ものを買うわたしたちが安いものを求めていたら、

ものを売る会社は安くつくった方がたくさん売れることになる。

安くつくったほうがライバル会社に勝てることになる。

もちろん、安くするためには何かを削らなきゃいけない。

 

生地代?

輸送費?

人権費?

 

環境を壊しちゃうような材料をつかって生地をつくったり、

あんまりお金を払わなくて済む子供を働かせてしまったり、

わたしたちの「安い!ラッキー!」の裏側には、

そんな悲しい物語が隠れているかもしれません。

 

すっごく簡単に言うと「そんなのダメでしょ!」

っていう動きがエシカルファッション。

 

「エシカル」という言葉には「道徳的・倫理的・社会の役に立つ」

などの意味がありますが、シンプルに言うと、

自分だけよければオッケーじゃなくて、

他の人や地球のこと、未来のことを考えてファッションをたのしむこと♩♩

 

IMG_3925

 

お洋服が私たちのもとへやってくるまでの裏側はなかなか目に見えないけれど、

見えないからこそ大切に。

 

これからお買い物をする時は見た目や値段だけじゃなく、

「人と地球に優しい」ものを選ぶという基準を取り入れてみてはどうでしょう??

 

人と地球をきちんと大切にする。

そんな“当たり前”のファッションの在り方が、いま、改めて注目を集めています。

 

IMG_3920

 

文・イラスト/鎌田安里紗

モデル。慶應義塾大学SFC4年生。

初のスタイルブック「enjoy the little things」

全国の書店にて発売中♡

http://ameblo.jp/aritann-blog/

 

 

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading