SHIBUYA109NEWS

検索
TREND

【lolリレー連載】超絶ストイック男と言われる小見山直人が見せる意外な素顔

2015.12.10
109ニュース シブヤ編集部さん
 

先日発表された「第57回 輝く! 日本レコード大賞」で、見事新人賞にノミネートされた、大注目アーティストlolのメンバーにフォーカスした人気連載企画!
 

今回は、金髪のクール系イケメンと見せかけて、実はいじられキャラ!? な小見山直人さんが登場!

 

lol_ladi-dadi_集合_1106-001 
左から順に、hibiki、honoka、佐藤友祐、moca、小見山直人

 

メンバーから「ストイック!」の声が止まない小見山さん。
本人は自身をどう思っているのか、そしてストイック精神はどこから始まったのかなどなど、これまでを振り返りながら語っていただきました!!

 

 

 

――まずはレコ大の新人賞受賞おめでとうございます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
「ありがとうございます! 憧れでもありましたし、うれしい気持ちはもちろんあるけど、同時にプレッシャーも感じました。ここからが勝負だと思うので、もっと自分に厳しくいこうと決めています!」

 


――まず、ダンスを始めたきっかけから教えてください!

「幼稚園のころから兄の影響で野球をやっていて、夢はプロ野球選手になることでした。少年野球でピッチャーもやっていて、毎日学校が終わったらグラウンドでコーチとバッティング練習。かなり本気でやってたんですけど、中学生のときにひじを怪我して野球ができなくなってしまったんです。でも身体は動かしていたくて、そんなときにテレビでアーティストのMVをみて、ダンスってカッコいいなって思ったのがきっかけです」

 


――まず何から始めたんですか?

「DVDを見ながら、マネして自分の部屋で踊っていたらすごく楽しくて、やるからにはプロになりたいと思い、親を説得してエイベックス・アーティストアカデミー大阪校に入りました。高校では体力をつけるために陸上部に入って、部活して帰ってきて、家で3~4時間踊って、週1でダンスレッスンという毎日。家で踊るときもちゃんと靴をはいて、夜はガラスが鏡になるので、カーテンを思いっきり開けて踊ってましたね(笑)」

 


――野球で挫折してからの、ダンスでプロを目指すスピードが早いですね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
「最近気づいたんですけど、自分はやるかやらないか、そのどちらかしかできないんです(笑)。目標を決めてブレずに進みたい。0%か100%か。いい具合に加減できるようになることが課題です!」

 


――エイベックス・アーティストアカデミーではどんなことをしていたんですか?

「今までは自分でマネごとをしていたんですが、正しい基礎から教えてもらいました。単純に見えても正しくステップを踏むとすごく複雑だったりして、これがダンスなんだ! って初めて知った感じでしたね。どんどんハマっていって、課題をこなすうちに、アカデミー内のユニットに選んでいただいたんです」

 


ここで小見山さんの私服SNAP!
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA 
金髪がトレードマークの小見山さん。整った目鼻立ちに金髪がマッチ♡
好評すぎて、逆に黒髪に戻しにくいそう(笑)。

使用1   
ファッションのポイントは赤。めずらしい赤のマーチンはレースアップの結び方にもこだわりが! バンダナをアクセントとして取り入れたスタイルがお気に入り。

 


――そこからlolに入るきっかけは?

「アカデミー内でユニット活動をするうちに、ユニットでデビューしたいと思うようになって。そんなときlolのオーディションがあって受けました」

 


――オーディションでの想い出を教えて!

「友祐とは会場でもずっと隣り合わせだったんですけど、すでにキャラがたってる感じでしたね。控室の暖房がめっちゃきいてて、踊るのに暑いな~と思ってたら、友祐が“暑いほうがやる気出ません?”とか言ってきたり(笑)」

 


――合格して初めて5人で顔を合わせたときはどうでしたか?

「honokaとmocaはアカデミーで知っていたので、なんていうかすごく不思議な気持ちでした。友祐とhibikiはオーディションの時から才能がある感じというか、キャラもたっていたので。うまくやっていけそうだなって思いました」

 


――ではここからはメンバーから寄せられた小見山さんへのひと言について意見を聞きたいと思います!
まずはhibikiさんから「ストイック、ストイックすぎる!」との声がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
「それよく言われるんですけど、自分ではまったくそう思っていません。むしろストイックになりたいと思ってます。先日も撮影の直前まで、筋肉をキレイに見せるために、マイダンベルでパンプアップ(筋トレ)してたんですけど、別に普通のことで…」

 


――なるほど…! 続いては友祐さんから「ダジャレがひどい」!

「正直、しょーもないこと言ったなって思う時もあります(笑)。でも、場を和ませたいと思ってのこと、みんなのためを思ってなんですよ! 先日も筋トレのあとに、みんながシーンとしてメイクをしている部屋に行って“今、ケツ3つになってるわ~”って言ったんです。“酸欠状態ってことな!”って言ったらhonokaが反応してくれました!」

 

――ひとりにしか響いていないようですが…。

「ひとりに響けば全然OKです!」
 


――(ポジティブ!)lolのツイキャスでもわりといじられてますよね!

「将来について悩んでいる人に対してめっちゃアツく語ってたりもするんですけど、いじられの面もありますね。もうどうしたらいいのかわかんないです!」

 


――うってかわってhonokaさんから「言い方がキツイとき、怖いときがある」とのことです。

「人見知りだったりもするので、変なギャグを言ってるときとのギャップがあるのかもしれませんね。あとはB型なので、こだわりが強いというか、わがままというか。自分の意見が通らないとイヤです(笑)」

 


――なるほど(笑)。では逆にみんなに言っておきたいことをお願いします!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
「友祐は遅刻が多い! に尽きます(笑)。器用で天才肌だし、自分にはないものを持っているので他のことは何も言えないんですけど。hibikiはゲラですね。すぐに笑ってくれて場も和むし、いいキャラ。でも同じネタをほかの人の前でやったら普通にすべる、とういことが起こるので危険です(笑)。honokaはお互いにしゃべりすぎ! B型同士だからかな。楽しいんですけどね(笑)。あ、逆に黙ってたらhonokaも怖そうですよ! どっちもどっちじゃないですかね。mocaは天然。天然すぎてたまに悪気なく言う本音が毒舌だったりもする(笑)。でもいい意味の天然で面白いんです」

 


――キャラも個性もバラバラですけど、バランスのいい5人ですよね! 今後のlolとしての目標を教えてください!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
「ひとりひとりが何かに特化したグループになりたいと思っています。誰を見てもパフォーマンスが面白いというか。例えば、ワンマンをやるなら、それぞれの個人のステージがあってもそれぞれが盛り上がるみたいな。自分もいろいろ新しい挑戦をしているところです。100%の状態になったら発表したいと思うので楽しみにしていてほしいです!」

 


――新曲「ladi dadi」の小見山さん的ポイントは?

「個人的にはミュージック・ビデオのダンスを見てほしいです。構成というか、作りがしっかり見えるようになっています。それぞれのダンスのソロパートにも注目です!」

 

 

 


――レコ大新人賞も受賞し、波に乗るlolですが、小見山さんの今後の意気込みをお願いします!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
「“感謝”って言葉にするのはカンタンだけど、本当に心から感謝していたら、行動が変わってくると思うんです。ひとつひとつのことに対して意識をもってやっていきたいなと思います。親に対してもですけど、みなさんへの恩返しの意味もこめて、ステージのパフォーマンスで感謝を伝えていけたらと思います」

 

 

小見山直人さん、ありがとうございました!
 

野球少年時代からずっと「自分に厳しく」というスタンスで来たという小見山さん。
ネガティブ思考で、自分に足らないと思うからこそ厳しくしなきゃと思うそう。
「しんどいからやめておこうと思っても、やってみたらできたりするんですよ!」と言っていたのも印象的でした。
そのマインドがまわりに“ストイック”と思わせる原因のようです!

現状に満足せず、常に目標をもって学び、上を目指していく姿勢。いい意味でメンバーにも影響を与えているに違いありません!
 


さて、次回は“lolのほほえみの天使”が登場! どんな話が繰り広げられるのでしょうか。
お楽しみに~♪

 

提供元:109ニュース シブヤ編集部

Loading