SHIBUYA109NEWS

検索
TREND

「前向きになれる病みソン」とは? セツナ系新教祖・FUKIが語る歌に込めた想い

2016.03.02
109ニュース シブヤ編集部さん

 

2015年の10月のデビュー直後から、彼女の書く歌詞はSNS上などでも多くの共感を呼び、「現代の病みソン」「セツナ系の新教祖」と呼ばれているFUKI(フキ)さん。

 

この2月には早くも6曲入りのコンセプトアルバムを発売し、さらなる話題を呼んでいる彼女に、109ニュースは初めてのインタビューを敢行!

これまでのこと、これからのことをいろいろと聞いてきました!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

――まず歌手になるきっかけから教えてください!

「もともと安室奈美恵さんが大好きで、幼稚園くらいのときからマネして歌って踊っていたみたいです。それからずっと歌うことが好きで、中学の頃には歌とダンスを習うようになっていましたね」

 

――実際に人前で歌うようになったのは?

「高校生の時には、友達のイベントでライブをさせてもらっていました。当時はオリジナル曲ではなかったんですけど、その頃からですね、自分で歌を作ったり、仕事にしたいと思い始めたのは」

 

――その後に、ライブを見てもらったことがきっかけでEIGOさん(シェネルさんや平井大さんも手がける音楽プロデューサー)との交流が始まったんですね。

「そうです。3年くらい前から本格的に制作にも関わっていただいています。ライブにもたくさん出させていただけるようになり、昨年の秋にはデビューすることができました!」

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

――そのメジャーデビューシングル、『キミじゃなきゃ』は渋谷のセンター街でもガンガンかかってましたよね。駅近くのヴィジョンにも流れていましたし、すごい目立っていたのを覚えています。

「デビュー曲自体は配信シングルなので、最初は正直あまり実感がわかなかったんですけど、センター街で自分の曲がかかっているのを聴いて、ホント感動しました。わざわざ通りかかって、みんなですぐにメールしたりして(笑)」

 

 

デビュー曲「キミじゃなきゃ」ミュージックビデオ

 

 

――しかも渋谷はほぼ地元なんですよね?

「はい、かなり近いんです。子どもの頃からヒマだったら渋谷に遊びに行ってましたし、高校生の時もセンター街に行けば誰か知り合いがいるって感じだったので。だからこそ、まさかそこで自分の歌をかけてもらえるなんて!って」

 

――FUKIさんの歌詞はとっても心に突き刺さってくるので、「現代の病みソン」とか「セツナ系新教祖」などと言われていますが、こうやってお話していると、ご本人にはまったくそんなイメージはないですね。

「私はぜんぜん病んではないです(笑)。でも、もちろん落ち込むときはあるので、そういうときに出てくる歌詞が共感してもらえてるのかもしれません。確かにイヤなことがあった時のほうが曲がスイスイ書けるので、自然と暗い曲が多くなっているのかも…」

 

――暗い気持ちを発散しようと歌詞を書いたりしているんですか?

「そういうところはありますね。たとえば失恋したときに、その悲しい想いを歌詞にぶつけると落ち着くんですよ(笑)」

 

――ただ病んで終わりじゃないってことですね。

「挫折したり失恋しても前を向く勇気を提示したいので、病んだ次のことをしっかりと歌いたいんです。“さよならってちゃんと伝えて気持ちにふん切りつけるとか、自然と前向きになれるような歌にしたいと思っています」

 

 

Concept Album収録曲「キミへ」ミュージックビデオ

 

 

――渋谷の近くがご出身ということですが、109にも行かれていましたか?

「もちろんです! 初めて行ったのは中2の頃で、お姉ちゃんに連れていってもらいました。渋谷全体が、ギャル全盛期の頃だったのでちょっと怖かったです(笑)。それから高校生のときはかなり通いましたね。初売りでも夜中の3時くらいから福袋に並んだりしていましたし、ココルルのあのすごい流行ったデニムも履いてました!」

 

――「ケツルル」ですね!懐かしいです!!(笑)  最近は行かれましたか?

「衣装を探しているときは必ずチェックしに行きます! あと普段からSLYはよく見に行きますね。シンプルで使いやすいものも多いから好きです」

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

――この2月には、初となるコンセプトアルバムをリリースされたばかりですが、反響はどうですか?

「発売直後の日曜日がバレンタインデーで、渋谷のタワーレコードでイベントをやったんですけど、本当にたくさんの方に来ていただけて嬉しかったです。はじめましての子も多かったですし、あぁこれがCDデビューしたってことなんだなって感動しました(笑)」

 

――わずか半年で配信シングル2曲をリリースして、コンセプトアルバムまで発売しましたが、これからやりたいことは?

「今年は文化祭ライブがやりたいです!  遠いとか、お金がないとか、いろんな理由でライブに来れない子も多いと思うので、そういう子にもライブの楽しさを知ってもらいたいです」

 

――34日(金)にも渋谷でライブがありますよね!

「私はSNSもあまり得意なほうじゃないけど、歌うと雰囲気がガラッと変わるって言われるんです。自分を上手く表現できるのは、やっぱり歌しかないので、生でそれを聴いて欲しい。これからも歌い続けて、もっともっと多くの人に届けたいので、ぜひ一度聴いてみてください!!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

34日(金)初のワンマンライブ!

FUKI SPECIAL LIVE “キミへ”

場所:CHELSEA HOTEL(渋谷)

時間:19時開場/1930分開演

↓ライブ情報の詳細はコチラ↓

http://fukimusic.jp/news/

 

 

FUKI 

Concept Album

キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~

FUKI ConceptAL JAKE FIX

ビクターエンタテインメント/AndRecレーベル

 

Concept Album「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」ダイジェスト映像

 

 

恋かしたくなる歌声「FUKI」による、究極の恋うたが奏でる、6つのラブストーリー。

出会い~別れまて、“セツなさ”も“シアワセ”も、すべての恋を紡ぐキミへの物語。

1st Digital Single「キミじゃなきゃ」、2nd Digital Single「キミかスキ ~Winter Ver.~」、

アルバムリード曲「キミへ」のキミ3部作すべてが収録の注目作品。

 

<収録曲>

1. キミじゃなきゃ

2. キミがスキ -Winter Ver.-

3. キミへ

4. LOVE SONG

5. カタオモイ

6. はじめてのチュウ -Studio Live Session-

7. キミがスキ -Original Ver.- (Bonus Track)

8. キミじゃなきゃ -Acoustic Ver.- (Bonus Track)

 

レコチョク

iTunes Store

mora

Amazon

 

 

<プロフィール>

FUKI-Concept AL-Asha main

東京都出身(1989 年生まれ)。幼少の頃から歌と踊りに目覚め、ダンススクールに通う日々を過ごす。

そこから次第にボーカリストへの想いを強く募らせ、オリジナル曲を書き、ライブハウスで歌い始める。

それを観たシェネルや平井大の楽曲を手掛ける音楽プロデューサーのEIGO に見出され、三年ほど前より本格的な交流がスタート。

そして2015 年10 月23 日、1st デジタルシングル『キミじゃなきゃ』で念願のメジャーデビューを果たす。

趣味は散歩とジョギング。そして身体を動かした後の銭湯。

ビーチカルチャーをこよなく愛する、街と海が似合うシンガーソングライターである。

 

 

公式HP

http://fukimusic.jp/

 

公式Twitter

@FUKI_music_

 

公式Instagram

@fuki_official

 

提供元:109ニュース シブヤ編集部

  • TREND RANKING
  • TREND 最新記事